中古車購入者の満足度が新車より高く、その中でも輸入中古車の満足度が国産を上回った。 中古車購入者の満足度が高いのは、何よりもコストパフォーマンスのためであり、輸入中古車がより上なのは、ラグジュアリーカーへの欲求や品質への信頼のためと見られる。

自動車専門調査機関コンシューマーインサイトは、2001年から毎年7月に実施している「年次自動車企画調査(年間10万人)」で、過去1年以内の新車と中古車購入者を対象に、購入車両に対する満足度を質問し、過去3年間の結果をまとめました。 購入車両に対して総合的にどれだけ満足しているかを10点満点で評価し「車両満足度」としました。

■中古車購入理由 “車の価格が安いから” 22%最多です
車の満足度は新車購入者より中古車購入者が高かったです。 中古車満足度は、2018年以降3年間で7.53→7.68→7.76 と上昇を続け、同期間で7.35→7.42→7.42 と大差のない新車との格差を年々(0.19→0.26→0.35)大きく広げています[図1]。

輸入車に対する韓国製の満足度が高いことも注目を集めています。 韓国産中古車は最近3年間、7.48→7.61→7.69点と、7点台半ばであるのに比べ、輸入車はこれより0.4~0.5点以上高い7.90→8.14→8.14点と、8点の壁をはるかに超えています。
【図2】です。

中古車購入者の満足度には「コストパフォーマンス」がプラスの影響を及ぼしました。 購入理由としては、△`車両の価格が(新車より)安いため`が22.0%(国産22.9、輸入16.8%)と最も多く、△`あまり新車を買う必要がなくて`が21.2%(国産21.7、輸入18.9%)△`価格対比品質が良いため`が16.4%(国産15.9、輸入18.6%)となりました。

■”もっといい車に乗ってみたいですから” 収入が国産の3倍
しかし国産と輸入車購入の理由には微妙な違いが見られます。 △「もっと良い車を運転したいから」という回答が国産は3.4%にとどまったのに対し、輸入は11.6%で3倍を超えた。 △「新車と性能·品質の差が少ないため」という回答も、国産が4.7%であるのに対し、輸入は9.1%で2倍に達した。 国産·輸入購入者いずれも価格と実用性を重視するが、輸入購入者は「ラグジュアリー車級」に乗りたいという欲求に加え、「品質に対する信頼」が強かったことが分かります。

中古車の購入方法別満足度では「ブランド認証中古車」が8.11点で専門売買商(7.65点)、個人間取引(7.66点)を含むすべての取引タイプの中で最も高かった。 ブランド認証中古車は、自動車ブランドが自主的に試乗車や中古車を募集し、品質テストを経て商品化したもので、現在はベンツなど一部の輸入車ブランドに限られており、現代車など国産車メーカーも進出を打診している。

■コストパフォーマンス-品質信頼性を重視する顧客の目線を合わせるべきです
中古車購入者の満足度はここ3年上昇し続け、新車との格差を広げています。 88카 中古車は減価率が高いだけにコストパフォーマンスが高く、3-5年の「比較的新車」を中心に取引されるなど、品質の信頼性が高まったことによるところが大きいです。 さらに、コロナ19や景気悪化を受け、新車への余力が減っていることも、「市場のパイ」を増大させる前向きな要素となっている。

国内完成車の代表ブランドである現代車の中古車市場への進出は変数です」 大企業の進出が国産中古車の信頼向上につながるかもしれませんが、消費者選択の絶対基準にはなりません。 コストパフォーマンスを重視する中古車顧客、特に国産顧客の目線に合った合理的な価格と徹底した販売-事後管理サービスが伴わなければなりません。

コンシューマーインサイトは、非対面調査に効率的な大規模オンラインパネルを通じて、自動車、移動通信、ショッピング流通、観光旅行、金融など、多様な産業に要求される専門的かつ科学的なリサーチサービスをご提供しています。 特に最近は様々なビッグデータをパネルリサーチデータと融合·複合連携してデータの価値を高め、これを様々な産業に適用することに集中しています。 本調査結果はコンシューマーインサイト社が2001年に開始した標本規模10万の超大型「年次自動車企画調査」の第20次調査(2020年7月実施)かられました。

●品質信頼性を重視する顧客の目線を合わせなければなりません

답글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다