カルチョ·メルカトのウェブサイトに「デマ級の記事だが、ユベントスがEPLトッテナム·ホットスパーの攻撃手ソン·フンミンを迎え入れるため、ラムジーとダグラス·コスタ、フェデリコ·ベルナルスキーなどを処分するだろう」と報道した。

ラムセイとコスタはパッケージ商品ではなく、ポグバ迎え入れの提案も受けており、今夏、ユベントスがチーム構成に大きな変化があるものと見られる。

最近、リーグでミラン兄弟に簡単に首位に押されない状況でセリエA優勝に失敗すれば、チーム再建を通じて来季の優勝を狙うのは間違いない。

このような状況で、孫弘敏に対するユヴェントスの関心はかなり低いかも知れないが、最近絶頂に達した孫弘敏を迎え入れたら、来季ユヴェントスの攻撃力は大きく高まるものと見られる。

ロナウドとディバラ、孫興民で構成されたユベントスのスリートップは、欧州のどこでも侮れない強力な攻撃チームになるだろう。

最大の問題は、해외축구중계 ユベントスが孫興民の移籍料を支払えるかどうかだろう。

コロナの不振が目立ち、多少バブル気味の選手の移籍料が消える兆しを見せており、今年冬の移籍市場も例年と違って落ち込んでいる。

もちろん移籍が正しければ両球団の急上昇があるため不確実性があるが、ユベントスが孫興民を狙っているという噂を考えれば、今シーズンの孫興民の活躍がどの程度なのか分かる。

買いたい人、関心がある人がトッテナムの意志だ。

チームの主軸選手の一人、孫興民(ソン·フンミン)も出場できるようになった。

現在のプレミアリーグの状況を勘案すると、トッテナムの来シーズンの欧州戦登板は相当難しそうだ。 チャンピオンズリーグ進出が非常に難しく見え、ヨーロッパ大会進出が難しくなる可能性もあるため、トッテナム選手たちには大きな失望になるしかない。

チャンピオンズリーグ進出の失敗が主力の決定的な理由ということを多く見てきた。 2シーズン連続チャンピオンズリーグ進出に失敗した場合、孫興民の通算再契約にも影響を及ぼすものと見られる。

ここにコロナによってEPLトッテナムが受けている財政圧迫も結局、孫興民の再契約と移籍に決定的な理由の一つになるだろう。

トッテナムが再契約なしにリーグと欧州大会を逃せば、結局重要な選手を市場に投入してチーム再建資金を調達する可能性が高く、対象はハリー·ケインか孫興民だろう。

トッテナムが誰かを売らなければならないとすれば、球団の顔であるハリー·ケインを抜いて孫興民が選ばれる可能性が高い。

再契約でなければ、孫興民の売上は現役時代に最高を記録している時点であり、再契約するかどうかによっては孫興民がトッテナムに残留するか移籍するかを判断できるものと見られる

上位圏に躍り出ない状況

답글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다