幸せ研究センターは、生涯金融報告書「大韓民国40代生きる方法、4大人生課題編」を発刊した。

この報告書は、最近40代の金融投資拡大の兆しと投資家の種類を提示した「Money(マネー)編」に次ぐ「非財務編」である。

退職資産を調達する最も重要な課題と見なしました。仕事をやめる時が来るという危機感もありますが、すぐに金融資産が不足しているという考えが最も大きい。しかし、自ら付与した重要度とは異なり、中間点検スコアは100点満点で45点に過ぎない。

40代のうち65%が退職資産を調達するために平均月61万ウォンずつ貯蓄する。 40代のうち59%は、今後の関連貯蓄を増やすという考えだ。40代年金・投資・貯蓄・付加所得を作るなどお金転がしに関心が高い。所得が高いほど貯蓄額も大きく、退職年金、年金貯蓄など、さまざまな金融商品を活用する。引退資産作りが困難な理由を聞いてみると,폰테크 所得が高いほど「住宅作り」と「子供の教育費の支出」が、所得が低いほど「所得空白期」と「家族の病気や事故」が増える。

先送りすれば先送りすればするほど、自宅の負担が大きくなるという考えが住居の安定性確保が重要な理由だ。4人のうち1人(25%)も、自分に80点以上(優秀)を与えた。

56%は住宅を所有しており、チャーターは18%、家賃13%、残り(13%)は親の家などに居住する。住宅関連融資残高は、住宅者の平均1億1000万ウォン、チャーター8000万ウォン、家賃2400万ウォンだ。ローン残高がある人のうち60%は、融資返済が負担になる答える。

ホームレスの92%が住宅購入を望んでおり、住宅所有者の45%がより良い家に移りたいと思っています。ホームレスやホームレスや40代のほとんどの人がまだ解決する私の家を探しています。

子供の教育評価スコアは63点で4大人生課題の中で最も高い。27%が80点以上を与え、6%だけが30点以下で不十分であると診断した。子供の教育が最優先だと思っている理由は、「子供が遅れずに、通常の生活を送る」願っている。

40代の親のうち88%が塾を送って、平均月107万ウォンを支出し、これは世帯所得の20%前後に相当する。61%は、教育費が「経済的に負担になる」と答えたが、「貯蓄を十分にできない」というのが最も大きい。「教育費が足りない」というのが、その次だが、所得が低くなるほどそのような傾向が大きくなる。40代の子供の教育重視は、以前の世代と同じ方向は少し違う。子どもの進路を決めるより、希望する生活を探すようにできるだけ後押しするという考えだ。経済力に教育が左右されるか心配したり、教育のための共働きや投資も考慮する

40代では、自己開発は後で、自己開発が優先される理由は、現在の仕事が不安で所得の安定性を高めることであり、自己開発は資格の準備が整います。体力鍛錬、財テク勉強、技術の向上の順であり、自己啓発費用は平均月22万ウォン程度だ。

48%が創業する考えがあるが、具体的に計画した場合は、7%に過ぎない。創業資本金では、58%が「1億ウォン未満」を考えている。

センターは、4大人生課題のいずれかのいずれかに過度に偏ったり、逆に続い先送りなかったのか、自分で診断する必要があると伝える。40代退職資産作りが重要だとみる他の課題に押されて考えのように実践が難しかった現実である。逆に引退資産設けが不足していると感じる最も重要な課題として評価した可能性も大きい。

イウォンジュハナ銀行年金信託グループ長は「40代の経済活動期間が残っただけに引退資産設け余力はまだ十分である」とし、「退職年金とISAなどの競争力のある長期資産管理手段を提供して引退資産設けを支援するのが金融会社として社会貢献のための道」と明らかにした

人生の課題は、私たちがどのように生きるかです

답글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다